タイ・バンコクで働く人々-田中さんの場合

タイ・バンコクで働く人々-田中さんの場合

ワーキングホリデー・英会話1年コースから正社員コースへ変更 2013年1月渡航

 

「世界各国の友達と英語で会話を楽しめるようになりました!」

 

バンコクに来たきっかけはなんですか?

日本で営業の仕事をしていましたが、どこかしっくりと来ない日々を送っていたところ、ワークアジアのホームページに出会いました。
もともと他の国の人と話をして交流を広げるのが好きでしたし、近くて安くて楽しいアジアにはよく行っていました。
中でもタイは自分に合っているようで、特別な国でしたから迷わず問い合わせをしました。
営業以外の特技もなく、「何かもっていたい」という気持ちが強かったんですね。日本語以外の語学力をつけたくて、英会話1年ワーホリコースを選びました。
実は、最初の問い合わせは2011年末、2012年に説明を受けて実際に渡航するまで約1年かけました。
しっかり準備をしたからか、渡航からずいぶん経ちますが、まだ1度も日本に帰国していません(笑) 
準備をしたからというより、タイが楽しすぎて日本に帰りたいという気持ちが全然わかないのが、一番の理由かな。
日本の友達は遊びに来てくれるし、家族も今度タイに来てくれるそうなので、それで十分です!

渡航にあたって不安だったことはありますか?

説明を受けた時に、120名もの日本人がすでに働いていると聞いたので、きっと働きやすい環境だろうと思い、あまり不安は感じていなかったですね。
業務面だけでなく生活面のフォローもあると聞いたので、心配しませんでした。

タイで一番楽しいことは何ですか?

仕事が終わってからの「食べたり・飲んだり」ですね!
日本とは違うお店の雰囲気はもちろんですが、外国の友人がたくさんできたり、いろんな話が聞けるのが楽しくで仕方ありません。「踊ったり・歌ったり」も楽しんでいます。
友人はやはりタイ人が多いです。他には、イギリス(英語教師)、韓国、カンボジア(大使館勤務)、ミャンマーの方などなど。
中でもBarが好きなので、英語の勉強になるかなとも思ってよく行きます。一人でも平気で行っちゃますね。簡単な英語でどんどん話しかけて、友達になります。
話しかけるコツは「どこからきたのですか。私は日本です。」と、まず出身地の話題から初めています。
タイでの日本のイメージはとても良いので、みんな優しく接してくれます。
そこから一緒に飲んで、一緒に海に行ったり、家に招かれたりして交流を深めています。自説ですが、コミュニケーションにはお酒を飲むのが一番だと思いますよ!

あとは、家の近くで買い物していると、近所の人と顔見知りになって友達になれちゃいます。
同じマンションに住んでいる人とも、どんどん話しかけて友達になります。できるだけ日本人のいない環境にしたかったので、ワーホリから正社員コースに変更した際に、引越ししました!
タイ人の友人に、オススメのエリアや部屋状況を聞いて決めました。

バンコクセンターでの仕事について

最初に配属されたのは、機器の取り扱いや故障に関するサポートセンターの仕事でした。
元々機械系の営業をしていたので、抵抗は少なくスムースに入り込めました。
でもコールセンターの仕事は初めてだったので、言葉使いや、顔が見えない相手と言葉だけのやりとりは、とても難しかったです。
対面営業をしていたので、なおさらかもしれません。
自分自身が怒られているように感じてしまってへこんだり、覚えることが多くて大変だったり、電話対応を難しく感じていましたが、慣れてくるとスキルがついてきて、冷静に対応できるようになりました。
「商品が壊れた」など怒ってらっしゃるお客様には、お詫びの気持ちや共感の気持ちを込めた一言など、ワンクッションおいて案内するコツやタイミング、言葉の表情などを身につけられたんです。
1年ぐらいして、別のチームに異動になりました。うわさでは、一番重要なチームと聞いていて不安でしたが、すぐに慣れました!扱っている商品について褒め言葉を言われたり、対応したことに対して「ありがとう」言っていただいたりすると、なんだか嬉しいです。
上司からも、落ち着いて対応できているし、声も安心感がある、と言ってもらえて嬉しいです。お客様にどれだけ満足してもらえるかということを、もう少し考えてできるようになりたいと思っています。

コールセンター初めての方も心配する必要はないですよ。
研修を受けて、先輩の指導を「素直に」受けていれば、自然とできるようになると思います!

タイで起こした事件について

先日、日帰り旅行でパタヤに行きました。
シーフードがとにかく美味しくて、いっぱい、いっぱい、いっぱい食べました!


一緒にいったタイ人の友人達とは現地解散。帰ろうかな、という頃に突然の腹痛が…。
あまりの痛みで道端に座り込んでいたら、近くにいた親切な人がゲストハウスに案内してくれて、ベッドに横になったら、もう動けなくなってしまいました。
そのまま、なんと2日間。会社を無断欠勤です。。
日帰りだったので携帯の充電器も持ってきておらず、充電切れして音信不通状態に。冷蔵後で冷やすと復活すると聞いたことがあったので、何度も試してみましたが当然だめでした。
会社では田中と連絡がとれないと騒ぎになり、日本の家族や大使館への連絡などで大変だったようです。

2日後、バンコクに帰ってきてから、心配していた上司にこっぴどく怒られました。。。
みなさんもシーフードの食べすぎにはご注意ください!
(というより、海外なので、不足の事態にあっても会社と連絡がとれるような、事前の準備を心がけましょう!)

英語とタイ語の習得について

ワーホリの英会話コースは終了しましたが、独学で勉強を継続しています。
もともとは中学生レベルで、タイに来た当初は、自分の言いたいことが言えなくてもどかしかったです。
でも、学校とたくさんの友人ができたことで、言いたいことはちゃんと言えて伝わるようになりました!電話やメールも英語でやりとりしていますよ。
わからない言葉は、「これどういう意味?」と英語で聞いて、英語で説明してもらっています。もっともっと、たくさんのことを英語で話せるように頑張るつもりです。

タイ語は、難しいです。それでつい、タイ人とも英語で話してしまう。
タイ語の辞書を持ち歩いて勉強をしていますし、字も勉強して読めるようにはなりましたが、意味はまだわからないものがほとんどです。タイ語しかできないタイ人の友人もいるので、もどかしいです。
もっともっと頑張って勉強します!

海外コールセンター説明会開催中