Work ASIA

新人ブログ【コームローイ】

10~11月の満月の夜、会社の側を流れるチャオプラヤ川を中心に、クラトン(=灯篭)を流す(=ローイ)お祭りがバンコク各地で行われます。

コムローイと呼ばれる熱気球を飛ばすチェンマイのお祭り(イーペン祭り)を、写真などで目にしたことのある方も多いのではないでしょうか。

写真は、同じチームで今年チェンマイに行かれた方に提供していただきました。

 

ところで日本のお盆の「灯篭流し」にも似たこの行事、どのような意味があるのか気になって調べてみました。

 ———————————————————–

※以下、タイ国政府観光庁HPより抜粋

陰暦12月の満月の夜に、農民の収穫に恩恵深い水の精霊に感謝を捧げ、また罪や汚れを水に流し、魂を浄めるお祭りが行われます。 (中略)

また、チェンマイはこの時期サンサーイ地区にあるメージョー大学の敷地内で、コームローイと呼ばれる熱気球を天に放つイーペン・サンサーイでも有名です。 これはチェンマイ・イーペン祭りとは異なり、もともと雨期の終盤で冬の始まりであるイーペン(北部の言葉で陰暦2月の満月という意味)の伝統行事だったも のが、現在はロイクラトン祭りとほぼ同時期に催されるようになったことに由来します。

 ———————————————————–

このように、本来は汚れを落とし、水の神様に対して収穫の感謝を表すという祭事だったようです。死者に敬意を示して送り出す「燈篭流し」と通じる部分がありますね。そのロマンチックな光景から、現在ではバレンタインのようなイベントにもなっているのだそうです。

まわりにはイーペン祭の時期を狙ってチェンマイまで旅行へ行く人も多いです。私は今年チェンマイまで行く時間は取れませんでしたが、仕事の合間に会社の下で行われている灯篭流しに参加してきました。普段は何もない川沿いの広場に噴水やイルミネーションが装飾され、とても綺麗でした。50Bで花を買い、ロウソクに火をつけてチャオプラヤ川に流しました。(実際には水面まで手が届かず、スタッフらしき人に手伝ってもらいました。ぽいっと一瞬で流されて呆気ないものでしたが…)

来年はぜひ、コムローイをしにチェンマイまで行けたらと考えています!

海外コールセンター説明会開催中