Work ASIA

タイで働くための基礎知識 第10回「タイの社会保険制度について」

今回は、タイの社会保険制度について。

タイでは民間被用者を対象とする社会保険制度があり、民間企業で勤務する方は、外国人であっても全員加入が義務付けられています。

制度の内容は、主に健康保険と年金部分に分けられますが、年金の受給資格を得るには15年以上の加入が必要(2011年現在該当者なし)ですので、ここでは健康保険部分を見て行きましょう。

プラカンサンコム 社会保険証 ←社会保険証(病院が指定されている)

この社会保険で受けられる主な利益は、通院・入院も含めて、疾病・怪我での診療・投薬が無料となるものです。

歯科に関しても、抜歯・歯石除去・小さな虫歯の充填治療は、適用対象です。

※適用対象外の例は、こちらをご覧ください。

http://www.sso.go.th/wpr/eng/sickness.html (英語)
日本では3割負担のところがタイでは無料、というのが嬉しい制度ですが、日本とはいくつか大きく異なる部分がありますので、注意が必要です。

まず、日本の場合はどこの病院でも健康保険は適用されますが、タイの場合は、加入時に社会保険制度に加入している病院・診療所から1つを選び、緊急搬送以外はこの病院・診療所でしか適用されません。

従って、タイ国内旅行中に病気や怪我で病院に運ばれた場合は、すぐに自分の選択した病院に移らないと、応急処置以外の医療費は自己負担になってしまいます。

また、本人のみが対象で、扶養家族を含め、本人以外は対象外です。

選べる病院・診療所も限られており、この社会保険制度には国公立のほか多くの私立病院・診療所も加入していますが、日本語で診察が受けられるような高級病院(バンコク病院、バムルンラート病院、サミッティウェート病院など)は加入していないため、基本的にタイ語か良くても英語での対応となります。

適用になるまでにも時間がかかります。

日本では、住民登録をしたその日から国民健康保険が有効になりますが、タイでは3ヶ月間給与天引きで保険料を納めてからの適用になります。

つまり、タイでの就業直後は保険が利きません。

以上のように、タイの社会保険は、タイに慣れていない外国人には使いにくい制度ですので、マスターピース・グループ(タイランド)では、日本人社員のサポート制度を用意しています。

まず、保険適用前に病院にかかった場合は、領収書と引き換えに、医療費を会社が負担する制度を設けています(月3,000バーツまで)。

また、日本人社員が病院にかかる場合は、日本語が話せるタイ人社員が同行するようにしています。

さらに、それだけでは心配だという渡航者のために、東京海上日動火災との企業包括契約により、一般プランには無いコンパクトで安価な海外旅行保険契約が可能な制度も整え、渡航初期の不安をカバーしています。

タイで働くための基礎知識 記事一覧

海外コールセンター説明会開催中