アジアで働く人々

タイ・バンコクで働く人々-ひとみさんの場合

タイ・バンコクでの仕事

タイ・バンコクでの仕事:ひとみさんMPGバンコクセンターで、家電の修理受付担当をしています。お使いになっている家電の調子が悪かったり、壊れたりして困っているお客様にお電話して、修理の訪問日を決めるお仕事です。日にちを決めるだけなので簡単そうに感じるのですが、ほとんどはスムースに行かず、クレームになったり、ご意見を聞いたりすることが多くて、最初は全部怒られているように感じてしまいました。でも1ヶ月くらい経ったころから、お客様は「早く修理してほしいから」「壊れるものとは思っていなかったから」、びっくりしているだけ、ということがわかってきたのです。修理の訪問日を決めることばかり考えていたのが、「お客様のご意向を聞こう」という気持ちに変わって、4ヶ月経った今では、なごやかにお話が終わることが多くなってきたんですよ。

家電製品に詳しくないので正直不安でしたし、もっと大変だと思っていたのですが、分からない時は先輩社員がすぐ飛んできてくれて、的確なアドバイスをしてくれたり、代わりに対応してくれたりするので、安心してお仕事を覚えることができました。ひとつひとつ聞ける環境があって、しかもスクリプトやナレッジがきちんとしているので、家電が苦手な私も、不安に思うことなく楽しくお仕事しています。

タイ・バンコクでの生活

タイ・バンコクでの生活:ひとみさん気候も文化も環境もあっているみたいで、実はまだ一度も体調を崩していません。軽く調子が悪いときはありますけど、持ってきたうがい薬や頭痛薬でしのげる程度。おかげでタイの生活を満喫しています。たとえば、タイ語の勉強。最初、タイ語体験教室のはしごをしました。体験教室だけで覚えられたらLuckyだな、と思っていたのですが、さすがにそれは考えが甘かったです(笑)今はタイ文化交流センターで入門コースに入会して、タイ語を学んでいます。このコースは3ヶ月12回で、5,000バーツと格安。しかも1回のレッスンは2時間なので充実しています。読めるはずないと思っていた難解なタイ語を、少しずつ読めるようになってきているのが、今とても楽しいです。マッサージの勉強も、仕事がお休みの日は朝から行ってもよかったり、午後の講義時間なども融通が利いたりするので、すごくやりやすいです。いろいろ講師に相談して、自分が楽しく学べるように工夫しています。

タイ・バンコクの楽しみ方

タイ・バンコクの楽しみ方:ひとみさんお仕事にマッサージの勉強にタイ語の勉強。なかなか体を動かす時間がないので、アパートについているジムやプールを良く利用します。でも、一人の時間になってしまうのが淋しいな、と思っていたところ、他チームの人から「サルサ」に誘われて行くようになりました。日曜日の15時くらいからホテルの1室で集まって、おしゃべりしたり、音楽をかけてサルサを踊ったりしています。マスターピース・グループの人も結構いますし、タイ人の方もその他の国の方もいて、友達づくりの場にもなっていてとても楽しい時間を過ごせるので気に入っています。タイではお仕事と勉強に専念するつもりで、節約生活するつもりでしたけど、やっぱり来てしまうとやりたいことがいっぱい出てきて、もう少し、準備資金を用意すればよかったかな、と思っています。それぐらい毎日が楽しく充実していて、あと8ヶ月しかないのが残念なくらいです!

海外コールセンター説明会開催中