アジアで働く人々

タイ・バンコクで働く人々-きょうこさんの場合

ワーキングホリデー・英会話1年コース 2013年2月渡航

 

「英会話学校でタイ人の友達がすごく増えて、学校に通うこと自体が楽しみです!」

 

バンコクに来たきっかけはなんですか?

初めてバンコクを訪れたのは高校生の時です。
ごちゃごちゃしているけれども活気にあふれたアジア独特の空気感や、住んでいる人の優しさ、食べ物の美味しさに惹かれ、ずっとまたタイに行きたい!と思っていました。
そこで憧れのタイで働きながら英語を勉強出来る「ワーキングホリデーコース」があることを知り、応募しました。
タイ滞在中に必要な生活費を1年間コツコツ貯めて、やっとバンコクに来れたんです!
大変でしたが嬉しかった…。

渡航にあたって不安だったことはありますか?

説明を受けた時に、120名もの日本人がすでに働いていると聞いたので、きっと働きやすい環境だろうと思い、あまり不安は感じていなかったですね。
業務面だけでなく生活面のフォローもあると聞いたので、心配しませんでした。

実際タイで生活してみてどうですか?

タイでは、街を出ると皆がのんびりしていて、のんびりした街の雰囲気がとても落ち着きます。日本だと、ついせかせかしてしまって、仕事が無い時は遊びの予定を目一杯入れたり、キツキツで余裕の無い生活をしていたんですが、タイに来てからは私も気持ちにゆとりを持って、のんびり生活を送っています。

語学学校での勉強はどうですか?

英会話学校で友達がすごく増えて、学校に通うこと自体が楽しみです!
最近では、フリースペース(自習室)で話しかけて来てくれたタイ人と遊びに行っています。もちろん会話は全て英語なので、最初は学校以外の場所で友達と会うのはしんどいな…と思っていたのですが、最近ではタイ人の友達の恋愛相談に英語でのったりしますし、タイ人以外の欧米の方に会っても恥ずかしがらずに、素直に「話したい!!」と思えるようになりました。

仕事上で困ったことはどんなことですか?

クレームの対応です。最初のうちは、自信がなさそうに案内をしてしまうことも多く、お客様から厳しい言葉を言われたこともありました。一生懸命案内していたつもりだったので、すごく落ち込んだんですが…チームの管理者から「そんなに頑張らなくていいよ!」と励まされ、すごく気持ちが楽になったのを覚えています。周りの先輩や上司に恵まれていると思っています。

渡航を迷っている人に一言お願いします

新しい仕事への不安も少しはありましたが、タイでの生活に対するワクワク感の方が勝ってしまって、正直あまり迷いませんでした!
不安で何もしないよりも、タイに行ってみたい!という気持ちがあるのならば、来てみちゃえばいいと思いますよ!

海外コールセンター説明会開催中