アジアで働く人々

タイ・バンコクで働く人々-智里さんの場合

タイ・バンコクでの仕事

タイ・バンコクでの仕事:智里さん昨年の9月にWH英語1年コースで入社しましたが、今年7月に正社員コースに切り替えをしました。もともと仕事に夢中になってしまうタイプで、しっかり仕事をしたいという気持ちが出てきたのと、正社員でも自分の時間の使い方次第で充分語学の勉強もできる、と実感したからです。配属チームは化粧品や健康食品を取り扱いする会社の受注窓口で、電話でアップセールスをするちょっと難しそうな内容ですが、チームみんなでわいわい言いながら、どうやったら目標を達成できるか考え、楽しくやっています。

目標はありますが、仲のいいチームなのでみんなで協力し合って、他の人が不調のときは誰かが頑張ってカバーするといった感じで仕事をしていて、とても雰囲気がいいです。みんな仕事以外に何か目的があってタイに来ていますが、仕事もやりがいを持ってやっていると、生活全体にメリハリがあってとても楽しいです。

タイ・バンコクでの生活

昨年の秋、私が来たときは洪水の真っ只中で、なんと2ヵ月半の間、晴れの日が一度もありませんでした。でも今年は雨も少なく、4・5・6月を除いては日本の夏より涼しく過ごしやすいです。暑い時期でも、会社の中やBTSやデパートの中は恐ろしいほど冷房が効いているので、意外と厚手の長袖が必要ですね。

こちらに来て感じたのは、バンコクは比較的治安が良く、タイ人は日本人が大好きということ。みんなとても好意的で、おせっかいなくらい世話を焼いてくれます。この間バスの中で寝ていたら「何処で降りるんだ?降りるときに起こしてやる」なんて言われました。私がカバンのチャックを開けたまま歩いていた時には、タイ人が注意してくれたりもしました。自分から交流していけば、タイ人は日本人大好きなのでドンドン友達ができると思います。近所にあるちょっとしたバーに行くと、タイ人や欧米人がたくさんいるので英語の勉強にもなるのが嬉しいですね。

タイ・バンコクでの生活:智里さん

私がタイに来て一番衝撃だったのはタイの女の子が細くて可愛いことです。足がすらっと長くて華奢で髪の毛がさらさらで羨ましいです。タイ人の若い子が集まるナイトマーケットなどに行くと素敵な音楽が流れ、アンティークな雰囲気の店内でお酒を飲めて、日本よりお洒落だ!と感じます。中心部のサイアム付近に行くとここは東京ですか?と思うくらい。住んでみないと分からないことがたくさんあって、毎日刺激的ですよ!

タイ・バンコクでの生活:智里さん

タイ・バンコクでの趣味

もともと旅行が趣味。タイは海外旅行に行くのにアクセス最高の国です。タイに来て約1年ですが、ラオス、カンボジア2回、シンガポール2回、スリランカにも行きました。国内でも連休があれば遠出をしています。LCCで安く行けるし、陸続きの国ならワゴン車にタイ人と一緒にゆられていけば格安(カンボジアまで500円くらい)で行けます。初めから旅行をたくさんするつもりだったので、予算は多めに持ってきました。タイで楽しみたい、という方は、準備する資金をしっかりためると良いと思います。

タイ・バンコクでの趣味:智里さん タイ・バンコクでの趣味:智里さん タイ・バンコクでの趣味:智里さん

また、タイには日本食が食べられるところがたくさんあります。タイ料理も安くてとってもおいしいですが、日本の味が恋しくなった時は迷わず日本食を食べに行っています。大戸や、吉野家、日本居酒屋屋など、ちょっと金額は張りますが、おいしいものを食べてビールを飲むのが趣味なので、良しとしています。ビール好きには安いところで大瓶120円くらいで飲める環境はたまらないと思います。あっつい野外で氷入りのビールが本当においしいのです。これは皆はまると思います。たまに女子でワンピースを着て、素敵なイタリアンの店でワイン飲み放題に行ったりもします。ホテルのビュッフェなどもタイ価格からすると高いですが、日本の物価からすると格安でハイソな感覚を味わえるのでおすすめです。こんな贅沢な生活を毎日しているわけではなく、いつもはタイ料理で節約したり、買い物は地元民に紛れ込むため面白いTシャツを着て、観光客の来ないマーケットで値段交渉したりしていて、それがとても楽しいです。

タイ・バンコクでの趣味:智里さん

海外コールセンター説明会開催中