アジアで働く人々

タイ・バンコクで働く人々-佐々木さんの場合

タイ・バンコクでの仕事

私は動物が好きだという理由で北海道へ渡り、牧場で馬の世話をする仕事をしていました。キツイ仕事でしたが楽しい数年間が過ぎ、このまま、北海道で馬たちと暮らしていくんだ、と思っていたのですが、たった一度のバンコク旅行で、すっかりバンコクの魅力にとりつかれてしまいました。バンコクに住んでみたいという思いが芽生え、そんな時マスターピース・グループ・タイランドを知ったのでした。職歴から考えると自分にできる仕事なのか不安でしたが、言語の違う国で自分のコミュニケーション能力を試してみたいと、応募しました。

そして今、ここバンコクで、お野菜の宅配会社様の注文・お問い合わせ窓口を担当しています。もともと話すことが得意ではなかったので、最初は言い回しなどもまったくわからず、ブラインドタッチもできず、お恥ずかしながら出来ないOPで、研修担当の方だけでなく、たくさんの人に心配と迷惑をかけました。

それでも、タイに来たのは自分自身の挑戦でもあるので、システムに慣れようととにかくいじったり、ベテランさんの隣の席に座らせてもらって、話し方を盗んだりして一所懸命学びました。そして、お電話をいただくお客様にはお一人お一人いろいろな背景があり、電話がつながるのを待っているお客様が今この瞬間にもたくさんいる、と気づいたことで仕事に対する気持ちがかわりました。今はお客様が言いたいことをいち早く聞き出すための工夫をしたり、長いお話を聞くことも多いので、そういった方との時間を確保するため、簡単な案件に関しては時間をかけないような工夫をしたり、一人でも多くのお客様と話すために処理に時間をかけないように努力しています。

タイ・バンコクでの生活

タイでは何もかも安くて美味しいので、こちらに来て体重が4Kgも増えてしまいました。そこで、最初はキッチンなしの7,000バーツ程度のアパートに住んでいたのですが、1万バーツのキッチン付アパートに引越しをしました。外食だけでなく自炊することで、なるべく野菜を食べるようにしています。居酒屋さんで働いていたこともあり、料理をするのはけっこう好きで、日本食が食べたくなったときは揚げ出し豆腐を作ったりします(写真は自分で作った空心菜炒め)。たまにですが、同じチームの仲間にお酒を持って部屋に来てもらい、私がおつまみを作ってワイワイと宴会したりするのも楽しいです。

食べるといえば「歯」が大事ですが、タイでは歯医者の治療代が高いので、虫歯にはきをつけています。でもタイの歯ブラシは大きすぎて、すみずみまで丁寧に磨けないのが難点。これからタイへ渡航される方は、ぜひ日本の繊細な歯ブラシを持参されることをオススメします。

タイ・バンコクでの生活:佐々木さん

タイ・バンコクでのおすすめ

連休があると、タイ国内に旅行に行ったりします。この間はカンチャナブリに行ってサイヨークノイという滝を見て1泊して、帰りは『戦場にかける橋』で有名なクウェー川鉄橋を鉄道で渡りました。

タイ・バンコクでのおすすめ:佐々木さん タイ・バンコクでのおすすめ:佐々木さん

普段の生活の中でのオススメは競馬場です。私みたいに馬好きでなくても楽しめると思います。50B~かけることができて、会社からだとBTSでサイアム駅の手前にあります。他にも近いところにいくつかあるので、よく行っています。せっかくの海外生活、会社とアパートの往復だけではもったいないですし、海外生活だからこそ今までしてこなかったことに挑戦してみるのが良いと思います。先輩社員はいろいろなことを知っているので、ぜひ聞いてみてください。

タイ・バンコクでのおすすめ:佐々木さん

海外コールセンター説明会開催中