タイ・バンコクで学ぶ×働く

タイ王国のビザとワークパーミット(労働許可)について

タイで就労するためには、就労可能なビザで入国し、労働許可(ワークパーミット)の取得が必要です。

タイで働くための資格

タイでは就労に関しては極めて厳しい制限があり、日本人を含む外国人がアルバイト感覚で働くことはできません。
まず、タイでは自国民の雇用機会を侵害する外国人の就労は認められていません。
さらに、就労が許可される外国人は、技術移転や、外貨獲得、タイ人の雇用創出といった、タイの国益に資する能力を持った人物でなければなりません。また、就労先が外国人を雇用する条件を満たし、雇用枠に空きがある必要があります。
簡単に言うと、タイ人にはできない仕事をすることによってタイに役立つ人だけがタイで働くことができ、本人の資質だけではなく、就労先の会社がタイ社会に貢献できる会社であるということが求められています。

タイでの就労資格は、入国管理局と労働省によってそれぞれの基準で審査され、入国管理局では就労可能なビザを、労働省では労働許可(ワークパーミット)を発給します。 そのどちらが欠けてもタイで就労することはできません。

マスターピース・グループ(タイランド)株式会社は、BOI(タイ王国政府投資委員会)からBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)事業の投資奨励恩典を受けることによって、特別な条件で、外国語コールセンター事業および日本人を含む外国人の雇用が認められています。

ビザについて

日本人の場合、30日以内の観光目的以外のタイ入国には、必ずビザが必要です。タイは観光振興のため、観光が目的の日本人が、入国日を含めて30日以内に出国する証明を所持している場合、その証明(予約済みの出国用航空券など)と6ヶ月以上有効なパスポートの提示のみで入国を許可しています。
また例外として、業務出張や会議参加等、15日以内の緊急業務による滞在の場合は、事前に労働省雇用局宛にตท.10(トートー10)および所定の添付書類を届け出ることにより、ビザがなくても入国可能です(映画撮影の場合は別途認可必要)。
タイで就労するために入国するということは、上記に当てはまりませんのでビザが必要になります。

タイで就労可能なビザ

タイのビザには、就労可能なビザと就労不可のビザとがあります。また、就労不可のビザでも、タイ国内で就労ビザに変更できるものもあります。

主なビザ(通称) ビザの種類 カテゴリー 就労資格 労働許可申請の際就労ビザへの変更
ビザ無し - - × 必要
(21日以上滞在許可が残っている必要あり)
ツーリストビザ Tourist Visa - × 必要
(15日以上滞在許可が残っている必要あり)
就労ビザ Non-Immigrant Visa B 他社就職のために取得した就労ビザも有効
留学ビザ Non-Immigrant Visa ED × 不可
(タイ国外での就労ビザ取得が必要)
外国人就労者の家族ビザ Non-Immigrant Visa O × 不可
(タイ国外での就労ビザ取得が必要)
タイ人の配偶者ビザ Non-Immigrant Visa O 不要
(滞在資格の変更のみ)
年金ビザ Non-Immigrant Visa O × 不可
(タイ国外での就労ビザ取得が必要)
ロングステイビザ Non-Immigrant Visa O-A × 不可
(タイ国外での就労ビザ取得が必要)

就労ビザ申請では、就労希望者がタイに悪影響を与える人物ではないこと、保証人がいて身元がしっかりしていること、受け入れ会社に外国人の雇用枠があり、書面をもって招聘されていることなどを入国管理局や在外公館が審査し、問題がなければ発給されます。
ここで注意しなければならないのは、ビザはあくまでも入国と期間限定の滞在許可であって、就労するためには、労働許可の取得が必要です。

労働許可について

タイで就労するにあたっては、有給・無給(ボランティア)を問わず、労働許可(ワークパーミット)が必要です。
ビザは本人が申請し、本人の入国・滞在資格となりますが、労働許可は就労予定の会社が申請するものです。労働許可には、就労場所、ポジションが明記されています。つまり、取得すればタイで自由に働けるという許可ではなく、労働許可記載事項に違反すると不法就労となります。当然ですが、就労できないビザあるいはビザなしで入国して就労した場合は、不法入国+不法滞在+不法就労となります。

労働許可の申請には大きく分けて次の2つの要件が必要です。

  1. 会社が外国人を雇用する条件を満たしており、かつ申請するポジションの雇用人数枠に空きがあること。
  2. 本人が、申請する労働許可のポジションに求められる資質を十分満たしていること。

会社ごとの雇用人数枠は、一般的には、資本金(外国人1人につき200万バーツ)、タイ人従業員数(外国人1人につき4名)、申請するポジションが外国人に禁止されていないことなどによって決定され、投資奨励法、石油法、工業団地法による恩典を受けている場合は、恩典の内容(当局との契約)によって決定されます。

本人の資質に関しては、労働省の厳しい書類審査があり、実質的に外国人の採用は労働省に人事権があると言ってもいいでしょう。能力が十分あり、会社が採用したい人物でも、労働省が認めなければ、少なくともその会社で働くことはできないということです。

マスターピース・グループ(タイランド)の採用の流れ

採用説明会→書類審査→面接→内定→就労ビザ取得→渡航→労働許可取得→採用
弊社では、日本語コールセンターオペレーター採用説明会を東京・大阪・大分・バンコク、またはお電話で行っています。まずは、ご都合の良い場所で説明会にご参加ください。お住まいやお仕事の関係で、説明会にご参加いただくことができない場合や、説明会を行っていない職種へのご応募は、直接のお問い合わせを受け付けています。お問い合わせ方法は、各募集職種のページをご覧ください。
次に書類審査です。履歴を拝見するだけでなく、最終的に労働許可が取得できるかどうかを加味して審査いたします。
面接では、コールセンターオペレーターとして 活躍していただけるかどうかを判断させていただきます。面接は複数回になる場合があります。
書類審査・面接に合格された方は、採用内定です。渡航準備を進めてください。
渡航のための航空券が手配できたら、就労ビザを申請します。手続きは会社でサポートします。
バンコクへ到着後は、労働許可申請です。労働許可取得時点で正式採用となります。

海外コールセンター説明会随時開催中!

現地勤務経験者のスーパーバイザーから現地での生活や仕事、語学学習、キャリアアップなどについてご案内させていただきます。面接ではありませんのでお気軽にお越し下さい。※ご希望の方は、当日の面接も可能です。

海外コールセンター説明会 応募フォーム

応募資格(各国の労働法令および勤務先規定による)

  • 中国:日本の4年制大学卒業以上、大学卒業後の勤務経験2年以上、40歳まで
  • タイ:日本の高校卒業以上、20歳以上40歳程度まで
  • フィリピン:日本の高校卒業以上、20歳以上40歳程度まで
お名前 [必須]
山田 一男
フリガナ [必須]
ヤマダ カズオ
住所[必須]
電話番号

[どちらか必須]
固定
03-1234-5678
携帯
090-1234-5678
メールアドレス [必須]
kazuo_yamada@m-piece.com
※PDFファイル等で資料をお送りすることがありますので、お持ちの場合はPCのメールアドレスをご記入ください。
生年月日[必須]
希望勤務地
※選択可能な勤務地のみ、現在募集を行っております。
海外で働く目的 [必須]
※在学中のインターンシップをご希望の場合は、【インターン希望】とお書き添えください。
参加希望日
※お電話・スカイプでの説明をご希望の方は、「ご質問、お問い合わせ」欄に、ご希望の日時(平日)を第三希望までご記入ください。
この募集をどこでお知りになりましたか?
ご質問、お問い合わせ

入力された個人情報について以下の項目をご確認の上、確認ボタンをクリックしてください。

  • 事業者の名称:マスターピース・グループ株式会社
  • 問合せへの回答に必要な範囲で利用いたします。
  • 自社採用活動業務の範囲で利用いたします。
  • 委託、第三者へ提供することはございません。
  • 個人情報の提供は任意ですが、情報が不足している場合は、利用目的を達することが出来ない場合があります。
  • 開示等のご請求は、「個人情報の取り扱いについて」をご参照ください。
海外コールセンター説明会開催中