Work ASIA

中国・大連で学ぶ×働く

大連はこんなところ

中国の玄関口、北の香港と呼ばれる大連。海に囲まれた異国情緒溢れる街並み。

大連の概要

地理

大連の地理

渤海と黄海に突き出た遼東半島の南端に位置します。北緯38度43分から40度10分、東経120度58分から123度31分で、日本の仙台市、アメリカのサンフランシスコと同じ緯度。後背地の北部には東北三省、内モンゴルの広大な土地が広がっています。
約1万2574平方km。東西に細長く延び、南北は狭くなっています。 南西部は低く、東北に行くに従って高くなっています。三方が海に囲まれ、海岸線は美しいリアス式で海岸線は1906kmに及び、海には大小226もの島々が点在します。

気候

大陸性モンスーン気候で、春夏秋冬の四季がはっきりしているのが特徴です。年間の平均温度は12.2度で、最高温度35.3度、最低温度零下17.5度、年間降水量は約615mm(2004年)。冬は季節風が吹きますが、夏は湿度が低く過ごしやすい気候です。

一年間の気候

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
気温 -3 -1 4 11 26 21 24 24.5 21 14.5 6.5 0
降雨量 6.2 4.8 6.7 21.3 36.9 59.1 86.3 107.2 45.3 22.6 14.5 5.1
大連一年間の気候

人口

602万人で、194万世帯。出生率(千人あたり)5.61人、死亡率(同)5.21人、人口密度(1平方kmあたり)447人となっています。漢族が95%を占め、残りは満族、モンゴル族、朝鮮族、回族など45の少数民族で構成されています。

産業

東北地方で最大の港湾都市でもある大連は、東北地方の経済振興を牽引する役割が期待されています。その経済目標が「一つの中心、四つの基地」づくりです。一つの中心とは、大連港を北東アジア国際航運センターにし、四つの基地は、石油化学、設備製造、電子情報・ソフトウェア、造船の産業基地に育成しようというものです。
2005年の経済統計によると、GDPは2150億元で前年比14.2%増、貿易総額は256億ドルで同23.5%増でした。工業の業種別生産額比率(2004年)では、石油加工業26%、設備製造業13%、電子・コンピューター・通信設備製造業11%、交通運輸設備製造業8%の順となっています。
この中でも特に電子・コンピューター・通信設備製造業のIT関連分野の発展スピードが早く、2005年は前年比39.1%増の 100億元を突破しました。ソフトウェアの輸出額は3億ドルで同41.8%も増加しました。日本との関係も深く、貿易シェア(2005年)で日本は、輸出37.17%、輸入29.20%を占め、2位を大きく引き離してのトップでした。

大連の生活

平均的なMPG大連センター社員の生活から、住居の家賃、買い物、交通、観光名所などを紹介。

詳細を見る

大連CCフットサルチーム

大連はサッカーやフットサルを日常的に楽しむ市民も多く、中国国内でもサッカーが盛んな都市として有名です。MPG大連CCにも社員で構成されるフットサルチームがあります。

詳細を見る

大連の通貨

本日現在 1元=約16.1円。中国大連での生活に身近なものを日本円で換算するといくら?

詳細を見る

大連の観光

星海広場

星海広場1 星海広場2

星海湾を望む臨海公園。総面積110万平方メートルにも及ぶアジア最大の都市公園として1997年6月にオープンしました。 広場の中央には中国のシンボル「華表」 がそびえ立ち、中央の散策路沿いには噴水が続いて水のカーテンをつくり出します。
公園を取り巻くように展示施設の星海会展中心、大連世界博覧広場のほか、高級マンション、レストランなどが建てられ、夜間はライトアップされてロマンチックな雰囲気に包みます。ソフトウェア交易会、服装祭り、ビール祭りなどビッグイベントの会場としても利用されています。

ロシア風情街

ロシア風情街

帝政ロシア時代をしのばせる建築物が連なる観光ゾーン。1897年以降のロシア占領時代は行政区として各機関が立地されました。大連市では2000年、文化財保護のため、古い建物を保存し、ロシア調の新たな建物を建設してロシア風情街をオープンさせました。約430mの道沿いに20棟の建物が続き、異国情緒を伝えています。

金石難国家旅行リゾート

金石難国家旅行リゾート

国内12か所の国家級リゾート地のひとつ。面積は海岸部から陸部までの120平方kmで、美しい海岸は海水浴場として夏は大勢の人たちでにぎわいます。マリンスポーツも楽しめるほか、地域内にはテーマパーク「発見王国」、毛沢東バッジ陳列館、蝋人形館、中華武館、モデル芸術学校などの施設巡りもできます。

旅順口横山寺

旅順口横山寺

漢時代に開山した修行寺ですが、明清代に興隆を極めましたものの焼失してしまい、「古寺を復興させよう」と2004年秋に再興されました。旅順南路の龍王塘北東の山中に位置し、敷地面積は約2万平方メートル。この中に4つの主殿、8つの副殿、回廊などがあり、建物面積は1万2000平方メートルにも及びます。大連では少ない仏教寺院だけに、訪れる観光客も増えています。

春節祝賀花火
星海広場・会展中心で行われた、春節祝賀花火のムービーをご覧ください(約1分半)。

[contact-form-7 404 "Not Found"]
海外コールセンター説明会開催中