MPG版ワーキングホリデーと一般的なワーキングホリデーとの違いは?

MPGワークアジア

MPG版ワーキングホリデーと、一般的なオーストラリアのワーキングホリデー制度の特徴を比較検証

概要

MPG版ワーホリ(タイ) ワーキングホリデー(オーストラリア)
目的 英会話、タイ語会話、タイマッサージなどの目標を決めて、タイ(バンコク)で働きながら学べるプログラムです。 資金を補うために一時的に就労しながら、1年間オーストラリアで休暇を楽しむのが目的の制度です。
就労期間 1~2年間。渡航前に決めた全期間就労可能です。 一雇用主のもとで最高6ヶ月就労可能。
就学・トレーニング 予め決められた1~2年間のカリキュラムに沿って学習・トレーニングを行います。渡航前に学校が確定し、全期間学習可能です。 就学またはトレーニングが最高4ヶ月まで可能。語学スクールなどの就学機関は、自費にて自分で手配。
年齢制限 22歳以上40歳まで 申請日に18歳以上で31歳になっていない事。
期間延長 修了後に正社員コースへの変更ができます(期間中の実績による審査あり)。 1回目の滞在中に3ヵ月以上地域農業の季節労働に従事した人に限り2回めの申請が可能。3回以上は不可。
扶養家族 制限なし 扶養する子供の同行は不可。
審査 コールセンター業務が可能かどうか、また、ビザ・就労許可が受けられるかどうかの面談と審査があります。 ビザを発給する条件として人物審査の基準をみたしていること。

費用

MPG版ワーホリ(タイ) ワーキングホリデー(オーストラリア)
給与/生活手当 生活手当5,000バーツ/月(別途通勤交通費支給) なし
ビザ取得 会社負担(9,000円) 195豪ドル
航空券 日本の国際空港からの往復航空券プレゼントキャンペーン実施中! 自己負担
家賃・宿泊費 指定アパートにて会社負担(水道光熱費は自己負担) 自己負担
授業料 会社負担(テキスト代含む) 自己負担
備考 生活手当で不足する生活費として、1年間約20万円が必要です。つまり1年間20万円で留学が実現します。 就学費用とは別に、渡航費用、現地での生活費やレジャー費用として100〜120万円は最低かかります。
海外コールセンター説明会開催中