個人情報保護方針

1.情報に対する5つの基本的スタンス

(1)情報の取扱いの基本姿勢

私たちは情報の果たす役割と重要性を認識し、情報に関して十分に注意をはらって取扱います。

私たちは社会的責任を果たすため、関連する法令、国の定める指針、公序良俗、業界慣習等の遵守はもとより独自の情報取扱い基準を定め、これを遵守します。

私たちは個人情報の取扱いに関する苦情や相談に対し、対応責任部署を設置し、迅速かつ誠実に対応します。

(2)知的財産の保護

私たちは顧客の知的財産と、私たちの事業を支えてくれる協力関係者の知的財産を保護するように努めます。また、第三者の知的財産を保護するとともに、私たちの知的財産についても保護するように努めます。

(3)機密情報の保護

私たちは業務に関して知り得た顧客や協力関係者の情報を、了解なしに本来の目的以外に利用することや、漏洩することは行いません。

(4)プライバシー情報の保護

私たちは業務を進める上で知り得た個人に関する情報(プライバシー情報)について、取扱いによってその個人に大きな損害を与えることを十分に認識するとともに、プライバシー情報を本人の了解なしに本来の目的以外に利用することや、漏洩することがないように厳重に取扱います。

(5)業務責任の明確化

私たちは業務を進めるにあたり、顧客や協力関係者との間の業務分担、責任の所在を明確にします。

私たちは顧客や協力関係者との間で確実でない事柄について約束することなどは行いません。あいまいな約束をすることで顧客や協力関係者に迷惑をかけることのないように常に留意します。したがって、相互の業務分担や責任の所在などについては明確に理解・合意されていなければなりません。

2.個人情報保護基本方針

私たちは情報に対する5つの基本的スタンスに従い、特に4つめのプライバシー情報にあたる個人情報保護に関しては、より厳密に定義するためにコンプライアンス・プログラムを策定します。私たちはそのコンプライアンス・プログラムに従って、個人情報の収集、管理、利用、開示、提供、廃棄等を行わなければならなく、また、一連の私たちの個人情報取扱いを管理・監督するための体制・諸手順を設定・制定します。

3.コンプライアンス・プログラムの目的

コンプライアンス・プログラムは、適切な収集、管理、利用、開示、提供、廃棄等の基準の明確化とこれを運用する規程であり、個人情報への社内外の不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改竄、漏洩等の危険に対して技術面および組織面において合理的な行動規程及び具体的な運用方法を定めます。

4.個人情報の収集、利用について

MPGは、アウトソーシング企業として複合機能をもったコールセンターとデータ入力センターにて業務を受託し、お客様の経営の合理化に貢献するサービスを展開しております。具体的には、エンドユーザーからのお問い合わせセンターだけではなく、決済や受発注のアウトソーシングやデータベース構築・管理とお客様のマーケティング実施のお手伝いなどの事業を展開しております。

MPGの、個人情報収集、利用につきましては、上記お客様の受託事業と自社採用業務の範囲内で個人情報を適切に収集、利用いたします。

5.コンプライアンス・プログラムの遵守

コンプライアンス・プログラムは、マスターピース・グループ株式会社の個人情報に関する最高規程であり、いかなる場合でも役員及びすべての従業員はコンプライアンス・プログラムを誠実に遵守し、また社内の規程もこれを誠実に遵守することとします。

6.コンプライアンス・プログラムの継続的改善

コンプライアンス・プログラムは、外部環境及び内部環境の変化、この個人情報保護基本方針を具現化した計画を実施し運用した結果、さらに個人情報の保護対象者である顧客からの声、などを総合的に検討して継続的に見直しを行い改善します。

制定日 平成14年1月11日

最終改定日 平成21年2月20日

マスターピース・グループ株式会社

代表取締役 佐藤修

個人情報保護に関するお問い合わせ

マスターピース・グループ株式会社 総務部

電話:03-5442-7111(月〜金 9:00〜17:00)

e-mail:info@m-piece.com

海外コールセンター説明会開催中