(個人的な内容ですが…)タイ生活で欲しいもの

潤い。

もとい、
手元にあってのどの渇きをいやしてくれるもの。
ブログを書いている今もそうなんです。
実は、のどが渇いて困ってます。
(理由の詳細は後ほど…)

日本の場合、
のどが渇いたら近くにある自動販売機ですぐに欲しい飲み物を購入できます。
道を歩けば、自動販売機にあたります。
近くにコンビニがなくたって、スーパーがなくたって、
商店がなくたって、夜遅くたって、朝早くたって、どんな田舎の道端だって、
自動販売機はありました。
今や不思議な感覚です。

しかし、バンコクには自動販売機など見当たりません。

というか、ありません。 Orz

どっかの国では、
おでんも手に入るほど、自動販売機が普及しているのに…。

タイのバンコクでは、
コンビニエンスストアが日本と同じくらい普及しています。
甘いコーヒーや、タイ風のお茶が売っている屋台もそこら中にあります。
だから、自動販売機があまり重要視されないのかもしれません。

さらに、タイ人はどんな入れ物でもストローをつけて飲みます。
ペットボトルや、コップにでもストローをつけて飲みます。
そのため、飲み物にはストローも添えなければ売れないのかもしれません。
となると、有人販売の方が効率が良いのかもしれないです。

しかし、目下、急成長中のバンコク。
1年後あたりには、自動販売機が登場するのかもしれませんね。

ん?
コンビニや屋台があるのなら、
飲み物に困ることなんかないのでは…?

ここまで書いておいて何なんですが・・・

みなさん、ご安心ください
さらにMPGバンコクセンター内には、
ウォーターサーバーもあります。
そう、「飲み物」に困ることはあまりないのです。

それなのに、なぜのどの渇きに困っているかというと…、
タンブラーや水筒を持ってきていないので、
飲みたくても飲めないだけなんです。

入れ物を買えばいいだけの話なのですが、
タイでは、気に入ったものが見つからず…。
なかなか手に入れることができないまま、
『のどが渇いたなぁ』と思っているわけです。

みなさんもバンコクへいらっしゃる時は、
お気に入りの使いやすいタンブラーや、
携帯しやすい水筒などを持って来られると良いかもしれません!

ちなみに、
バンコクは南国だからなのか、飲み物はすごく甘いです!!!
日本と同じ感覚で「アイスコーヒー」を頼むと、
甘すぎてビックリすると思います。

初めは、甘すぎて飲めないと思っていましたが、
近頃はだんだん甘くないコーヒーが飲めなくなってきました。
(これが、太るもとなんですけどね。。。)

オマケ企画★初タイ験★
揺られて食事をしてみよう!!
川に浮かんでいる水上レストランで食事をしてきました。

川の近くのため川えびがすごく大きくておいしいんです。

食事中、突然の揺れが、、、、、地震?
と思いきや、1台のボートが猛スピードで横を通り過ぎてゆきました。

1台だけならまだしも、何台も通るので、
揺れが苦手の人にはあまり気分のよいものではないかもしれませんね。

私は、揺れなど気にぜずに、料理を堪能してまいりました。

(ごめんなさい。エビ食べ終わった後です。。)

海外コールセンター説明会開催中