Work ASIA

フランスの老舗ベーカリー「PAUL」、タイ進出-バンコクの高級SCに

高級複合商業施設「Central Embassy(セントラル・エンバシー)」1階に10月15日、北フランスの街リールで1889年に生まれた老舗ベーカリー「PAUL(ポール)」のバンコク店がオープンした。

 世界24カ国に400店以上を展開する同店。店舗面積は250平方メートル。シックでエレガントな店構えは「本格的なフランス」をデザインコンセプトにまとめた。テークアウト用のベーカリーカウンターには、ペストリー、クロワッサン、サンドイッチ、ケーキなど、良質の小麦粉を使う焼きたてのパン類を140種類以上並べる。

 テーブル席80席を確保したレストラン部門では、サンドイッチ、タルト、キッシュ、パイ、パンケーキ、サラダのほか、プレート料理も提供。ゆっくりとくつろげる空間を目指しており、Wi-Fiでインターネットにも無料で接続できる。

 営業時間は7時30分(レストランは10時)~22時。

カフェコーナー PAUL バンコク店提供

海外コールセンター説明会開催中